賃貸退出時のチェックポイント

賃貸を退出する時のトラブルというのは、よく聞く話です。

Hot Topics

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

賃貸退出時のチェックポイント

賃貸を退出する時のトラブルというのは、よく聞く話です

■ 37歳 女性
賃貸を退出する時のトラブルというのは、よく聞く話です。
友人から実際聞いたこともありますし、テレビのニュースの特集などでも見ることがあります。それらを踏まえて、3年前賃貸マンションを退出した時の注意するポイントを、考えてみたいと思います。
まずは、新築でない限りは、大抵の賃貸住宅には壁や床など傷がもともとあるものです。
これを自分でつけていないことを証明しておく必要があるでしょう。これは、入居時の注意にもなるのですが、入居したばかりの時に、もしくは入居する前に傷や破損部分を見つけた場合は、デジカメなどのデータに残しておくべきです。

もちろん入居の前に分かっている場合は、不動産屋に立ち会ってもらい、きちんと確認してもらうのがベストです。

しかしこのような担当者はしょっちゅう変わりますし、書面に免責事項として書いてくれる親切な不動産屋もそうそういないでしょう。
ですから、やはり個人でデータとして残しておくことをお勧めします。そうなれば、補修費用として、退出時にその代金を支払う必要はなくなります。退出時に一番もめやすいのが、この補修費用です。
他人のつけた傷まで直すお金を出さないように、気を付けるべきでしょう。

Copyright (C)2018賃貸退出時のチェックポイント.All rights reserved.