賃貸退出時のチェックポイント

私は大学入学時から現在に至るまで、約20年間で6つの賃貸物件に移り住んできました。

Hot Topics

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

賃貸退出時のチェックポイント

私は大学入学時から現在に至るまで

■ 37歳 男性
私は大学入学時から現在に至るまで、約20年間で6つの賃貸物件に移り住んできました。
言い方を変えれば6回賃貸物件の引っ越しを経験したわけで、その観点から賃貸退出時のチェックポイントについて述べたいと思います。
まず借り手として、賃貸退出時に一番気になるのは、敷金が返還されるかどうかという事でしょう。これは大家なりその代理人(主に不動産屋)が見て、大きな破損がなければ、敷金は借り手に返還されなければならず、その判断基準が争いになりやすいと思います。
これは普通に生活して、年月と共に自然劣化した部分については、貸主は借り手に修理費を請求する事はできませんので、判断する人の主観が入ります。大家の肩を持ちたい不動産屋などもいて、借り手に難癖をつけて、敷金を返却しない方向に誘導しようとするケースもありました。
こういう時は、毅然と自分を主張しなくてはなりません。
また、退出時に気をつけておかなくてはならないもうひとつの事に、郵便物があります。退出した後に届いた郵便物に、重要なものがあるかもしれません。退出する前に、郵便局にて新住所への転送手続きをしておく、または退出後に1度は旧住まいの郵便受けをチェックしに来るという事が、必要だと思います。

Copyright (C)2018賃貸退出時のチェックポイント.All rights reserved.