賃貸退出時のチェックポイント

賃貸退出時は、敷金から修繕費を支払うため、事前に厳しいチェックが入ります。

Hot Topics

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

賃貸退出時のチェックポイント

賃貸退出時は

■ 52歳 女性
賃貸退出時は、敷金から修繕費を支払うため、事前に厳しいチェックが入ります。
部屋を借りた際に、うっかり画びょうなどで穴を開けてしまうと、修繕対象のチェックポイントとなります。ふすまなども、色褪せは経年劣化で済まされますが、穴を開けてしまうと、ふすま自体の張り替えとなるため、修繕の対象となります。
特にクロスの壁の場合には、結露でカビで汚れますが、その際もクロス一式の張り替えということになり、修繕の対象となります。畳なども焦がしたり穴を開けると、畳を打ち直しとなり修繕の対象となります。普通に使っている分には何も問題はありませんが、掃除をしても取れないような傷や汚れの場合は、ほぼ修繕となることを覚悟するべきです。

およそ10年以上借りたアパートの賃貸退出の際には、敷金はほぼ使い尽くすことになりました。
家賃は日割りとなりましたが、およそ2ヵ月分の敷金は、全て使う羽目になりました。
オーナーがたまたま立ち会えず、管理会社のみの立会いとなりましたが、オーナーがいたらもっと料金はかさんだかもしれません。最後はオーナーが払うことになるので、オーナーの人柄は、大いに反映されると思います。

Copyright (C)2018賃貸退出時のチェックポイント.All rights reserved.