賃貸退出時のチェックポイント

賃貸物件の退去にあたって、避けたい物といえば、敷金などから引かれる代金だと思います。

Hot Topics

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

賃貸退出時のチェックポイント

賃貸物件の退去にあたって

■ 34歳 男性
賃貸物件の退去にあたって、避けたい物といえば、敷金などから引かれる代金だと思います。
入居に当たっての敷金自体、決して安くはない金額を保証金として取られ、そこから一般的部屋の補修代金をひかれてしまい、下手をすればお金が返ってくるどころか、余計にひかれることもありえます。そのような嫌な目を見ないようにするには、次のような点に注意するのがポイントだと考えます。
まず一つ目は、入居時に部屋の状態を細かくチェックして、自分がつける以前から存在している傷などが、何処にどれだけ存在しているか把握し、事前に大家に伝えると共に、自分自身でもリストを作成し、保存しておく事。これによって、退去時に傷等の文句を言われたとしても、反論し無駄な出費を抑えるための保険をかけておけます。
次は、生活していく上で可能な限りの傷をつけないようにすること。人の生活スタイルによっては、どうしても部屋を汚してしまう人もいるでしょうが、退去迄の期間が短ければ短いほど、部屋の損耗具合は減額の判断材料にされてしまいます。あくまでも、人から物を借りているという気持ちを忘れずに、大切に扱う事が大事です。

最後は、退去に当たって可能な限り、掃除をして出ていくという事です。
退去時にかかる費用には、補修費の他にクリーニング代も含まれています。当然、部屋の扱いが悪く汚れたまま出ていけば、クリーニング代もそれに合わせてかかってしまいます。また、多少なりともきれいに掃除をしていけば、大家の心象も良くなり、退去で引かれるお金も少なくて済みます。
いずれにしても、自分の生活していた空間を大切に扱う事が、何よりも心掛ける点であると考えます。

Copyright (C)2018賃貸退出時のチェックポイント.All rights reserved.